忍者ブログ
江草天仁のラクガキ、日記
Posted by - 2017.03.26,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 江草天仁 - 2009.11.02,Mon
091029_1407~0001.jpg会社の玄関に届いた大きな物体

これは…!?












091029_1412~0001.jpg秋田から帰ってきた
びんちょうタンでした。

1人旅
無事に帰ってきたようです。









PR
Posted by 江草天仁 - 2009.10.27,Tue
202e7af1.jpeg行ってきました秋田県!羽後町

空気うんまー!やっぱり田舎はいい!
良い意味で田舎。癒されます。
山内さんに送迎していただき、
鈴木家住宅に来てみると
コスプレさんたちが楽しげに写真とか
撮っていました。

早く着いていたら、あきたこまち+
みなべ町の梅干スーパーコラボレーションおにぎりが無料で
振舞われていたとか!くやしいっ。おにぎり食べたかった。

そしてイベント会場へ、忙しかったのでその模様は写真撮ってません…。
会場で食べられるはずだった羽後牛カレー!

ぎゃー!食べ損ねました。おにぎりにつづき完売…。
このために来たといったら問題になりますが、過言ではなかった…。orz

177.jpg打ち上げです!
これはもしや接待というやつですか。
(私の場合めったにありませんよ)

全部美味しかった。ごちそうさまでした。
はたはたとか、シチューとか。
秋田はすばらしい。秋田は美味しい。


176.jpgすばらしきお店の名は浜銀さん
お寿司屋さんです。
こげどんぼ先生とお礼に上機嫌でサインをば!
お店に飾っていただけたはず。





そして一夜明け…

193.jpg地元では伝説のお店、全国的にも有名になりつつある
書店「ミケーネ」さんを訪問
なんと2階は学習塾となっております。
うわさには聞いていましたが品揃えがすばらしい!
店長さん、兼先生のナイスチョイス。

こちらにも以前酔いどれで描いた江草サイン色紙を
飾っていただいております。
朝から優雅にブランデーケーキをご馳走になりました。
185.jpg
なんてたってね、びんちょうタンの棚が
あるんですよ!この待遇、全国探し回っても
他にはないと思います。涙が出そうでした。





218.jpgお土産屋さんをまわり、おいしいそばを食べ
次なる目的地は旧長谷山邸。

美しいたたずまいに大興奮。
昔のお金持ちのお屋敷だそうで、当時は30人ほど
使用人も住んでいたそうです。
母屋は明治15年、土蔵は明治35年建築。
この古さで3階建て、しかも渡り廊下がある建物は
とてもめずらしいそうです。

196.jpg206.jpg196.jpg







まさにびんちょうが見た景色。私の故郷長野の山に近いものを感じます。
よく晴れた空が青々と広がっていました。

213.jpg山にはどんぐりがたくさん落ちていました。
人に踏まれて割れたどんぐりから芽が出て
地中に根を張ろうとしていました。






316.jpgそして最後に立ち寄ったのはやはり鈴木家住宅。
イベント前は時間がなく、ほんの少しだけ見て
移動してしまったので鈴木さんへのご挨拶もまだでしたので。

とにかくはじめに見たとき、写真では全く伝わってこなかった
なんともいえない幻想的な雰囲気を感じました。
古くて自然に溶け込むような建物の美しさといいましょうか。
一日経ち改めて見ても、とても感動しました。

「鈴木家住宅」の祖先は和歌山県の海南市の出身で、
源義経の家来であった鈴木三郎重家さんという武士で
奥州藤原氏を頼って岩手まで逃げのび、さらに秋田まで歩いて、構えたのがこの鈴木家住宅
ということです。さらに、鈴木家がある「飯沢」の地名はもとは「伊沢」といい、
「伊」は「紀伊」の「伊」です。つまり、鈴木さんは遠い和歌山を偲んで、その名をつけたのだそうです。
和歌山といえば、みなべ町、びんちょうタンが取り持ったご縁といいましょうか
今度発売される、あきたこまち+びんちょうタン米も偶然なのかなんだか運命めいたものすら感じます。

当主の鈴木さんにいろいろご説明いただき、絵を描いてくれた先生に
特別にということで一般公開されていないところまで見せていただきました。
人生の初体験、日本刀を抜かせていただいたり、本物のなぎなたや槍を見たり
ご先祖の給与明細まで見せていただいたりw
楽しく見学させていただきました。産まれたばかりの当主のお子さんの
ヒカリちゃんが囲炉裏脇でやんちゃし放題でかわいかったです。

385.jpg鈴木さん、ありがとうございました。
最後に色紙を描かせていただきました。
飾っていただけるそうです。

ここに書ききれませんでしたが
本当に貴重な体験ができた2日間でした。

ずっとつきっきりで案内をしてくださった
山内さんご一家には心からお礼申し上げます。





カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/22 ガク]
[05/02 よもぎタン]
[04/12 ガク]
[04/09 NONAME]
[04/08 でる]
最新TB
プロフィール
HN:
江草天仁
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]